タレ・ソースの受託生産の難しさ。

query_builder 2021/11/26
ブログ
sauce-gfc1233a5d_640

受託生産の置いて難しいのは味合わせ。

その中でタレやソースはレシピがしっかりしていたら比較的、アジア合わせはやりやすい。

しかし難しいのは個包装である。

瓶詰めなら簡単だが、個包装としてパック詰にする場合、小さな上に液体なので技術的に難しくなってくる。

それ専用のラインがあるのなら簡単な話だが、シェアセントラルキッチンではそう言うラインがないのが常。

そこは工夫と人の手で仕上げていく。

餃子とタレは普通にセットになっているもの。そう言うものを小ロットで

作れるのが

シェアセントラルキッチンのいいところである。


記事検索

NEW

  • 関西エリアで加工食品の新商品開発のパートナーをゲットするなら

    query_builder 2022/02/21
  • タレ・ソースの受託生産の難しさ。

    query_builder 2021/11/26
  • セントラルキッチンで作られたものは不味いと思っていませんか?

    query_builder 2021/10/14
  • 真空パックによる納品

    query_builder 2021/10/11

CATEGORY

ARCHIVE